お金のかからない趣味

みんなの趣味をご紹介します。あなたに合う趣味があるかもしれませんよ。

 

俳句の作成

俳句作成について…

私の町内会にはいろいろなサークルがあります。そのなかに俳句の会があるのです。俳句と聞くとちょっと高尚な趣味のように聞こえますね。私も前に声をかけられましたが、その時はそんな高尚な趣味はと敬遠していました。ある時囲碁の会の時です。自治会館に行ったら。囲碁の会は日程が変更になったのだと。そこで折角来たのだからと俳句の会にオブザーバーで参加しました。それがきっかけで俳句の会に入ることになったのです。俳句はお題が出されて、それについて皆俳句を5句くらい作ってくるのです。それを皆で見て、これはというのを5句選ぶのです。その中から特選を選びます。
その後先生が見なの作った俳句を添削してくれるのです。それを聞いて皆で批評や作った人の苦心したところとか等の話をします。まだ1年とちょっとなので、まだまだです。

 

俳句作成の魅力は…
俳句を作るときは歳時記が必修です。俳句には季語を一つ入れる決まりになっています。しかし今は昔の季語とちょっと微妙な違いがありますね。
田舎とかにはあるのですが都会風の所ではもう見ないものもあります。俳句は心を詠むのだと先生は言いますが、かなり難しいです。やはり俳句を作るときにはあっちこっちに行くことが大事だと思いました。頭の中でのみ考えていたのでは、なかなかいいのができません。2か月に1回の俳句の会ですが、これはというのはなかなかいいのができません。しかし俳句を練っているのは頭にはいいのではと思っています。認知症の予防には役に立っていると思います。

 

俳句は旧暦で、旧かなづかいで作るので、かなり難しいですね。これも一つの勉強だと思っています。皆でいろいろと批評することがいいのではと思っています。先生も10数年かかったとか。それも始めたのが70歳近くになってからだと。私たちも同じような年齢です。まだこれからだと思っています。目標は添削された俳句を俳句の雑誌に出すことです。それで入選になれば喜ばしいと思っています。

カフェにてゆっくり過ごす事

お金のかからない趣味

時間があれば、必ずどこかのカフェで過ごしています。有名なところが多いのですが、新商品をチェックしてそれを味わったり、外の見えるカウンターで行き交う人を何となく見ていたりしています。また最近は、入ったことのないお店を見つけては、そこに入ってどんなスイーツがあるかチェックしたりもしています。一人で行くことが多いのですが、友人を誘ったり、逆に友人に誘われて知らないお店に行くこともあって、新しい発見をできたりもしています。

 

カフェでゆっくり過ごす事の魅力は…
もともと、家で何気なく時間を過ごすことが嫌いではなかったのですが、カフェに行くことで人を感じることが出来て心地よく過ごすことが出来ています。何かの勉強をするときも、家だと途中で寝てしまうことも多いのですが、カフェでやると、人を感じることで意外とはかどったりもして、効率も良くそれも魅力に感じています。またスイーツを頂いたり、お茶を飲んだりゆっくり過ごすことで、良い気分転換にもなっています。最近では、カフェ巡りをしていることをSNSで写真撮って出していて、その反応を見た人から頂きすごく嬉しくなりました。またその方の知っているお店を見て、旅行の際に行って見たいと思って、実際に訪れて見たりと、行動範囲も広がっています。

サイクリング

サイクリングって…
自転車を使用して、走ることです。例えば、自転車でとある道を行くことです。とある道とは、サイクリングロードと言われる堤防などです。また、道は堤防とかでなくても一般道路でも個人的には良いと思います。そして、自転車を漕いでやっていくことです。自転車に関しては、普通のママチャリでもいいですし、それに特化した自転車でも良いです。
つまり、自転車を使用して色んな道を走ることです。自転車の漕ぐことだけと言っても良いかもしれません。または。自転車を使うことだけのことです。
簡単に要約すると、自転車を漕いで、色んなものを感じることです。

 

サイクリングの魅力…
色んなものを見ることが出来ると思います。例えば、堤防であれば色んな植物とか風景を見ることが出来ると思います。風も日によりますが、感じることが出来ると思います。色んなものを感じます。街の風景でも自転車を使えば、観る事ができると思います。そして、色んな人達を風を感じながら観ることが出来ると思います。自転車を漕ぐと運動することも出来るので、汗をかくことも出来ます。つまり、運動です。その他にもサイクリングには、色んな魅力があります。例えば、川の風景もそうですし、道がデコボコしているのも自転車で感じることが出来ます。

ウォーキング。

ウォーキングとは…
その名の通り歩くことです。特に、まだ歩いたことのない道を歩いてみることが好きです。休日に好きな場所を歩いてみたり、近所でも行ったところのない場所を歩いてみたりすしています。ランニングしている人が多い場所は歩いていても気持ちいいです。あとは、通勤の際に時間があれば、一駅から二駅歩いています(歩ける距離の駅なので)。昼休憩も少し散歩できますし、階段の上り下りも気が向いたらやっています。駅とか、会社の階段とか、そのあたりです。

 

ウオーキングの魅力…
まずは運動不足の解消ができること、に尽きるかと思います。走るわけではないので、疲れることもあまりありません。ついでに眠気の解消とストレスの発散(気分転換)も兼ねることができます。特に階段を結構な段数上り下りすると、小さな達成感を味わうことができます。これは疲れますが。知らない場所を歩いてみれば、あ、と思えるお店に出会えたりします。それも歩くことの魅力だと思います。通勤時に一駅二駅歩くのは、電車に乗ることを少しでも避けるため、という思惑もあります。できるだけラッシュを避けています。むぎゅむぎゅの電車に乗るよりも、気持ちいいです。

読書

静かな場所での読書とは…
自分の部屋や一人になれるところでの読書が今私にとっての趣味であり楽しみでもあります。
いつもは仕事や友達と遊んだりとほとんど必ず人との関わりがありますが、その関わりから一度抜けて一人になり、自分の好きなようにのんびりと過ごすのがとても落ち着くのです。
落ち着いてのんびりできるときに読書をすると自分の世界に入ることができ、読んでいる本の世界に入れるのです。
何も気にせず本にのめりこめると言うのは毎日できることではないのでできるときに一人で読んでいます。

 

静かな場所での読書
一言で言えば自分だけの世界に入れるのです。一つ一つの本にそれぞれの物語があり描く人によって同じような内容でも全く違う作品になります。そして、手に取った本が面白ければ面白いほど深くのめり込んでいきます。そうなると周りの音は何も聞こえなくなり、自分だけの世界になるのです。会社であったり友達であったり、人との繋がりはとても大切なものだと思いますが、同時に疲れてしまいます。だから一人で自分だけの世界に入り、自分の好きなペースで読める本はとても面白いと思います

ランニング

早朝ランニングって…
必要なものは、運動できる格好とランニングシューズのみ。早朝と言っても、自分ひとりで自分のペースでランニングするだけなので、誰にも迷惑かけることがないですし、普段通っている街並みも早朝に走ってみると、何気ない草や看板などを発見できる喜びがあります。時間も好きに決めることが出来るので、自分の体調に合わせて1時間ほど走ったり、20分程度で終わらせることも可能です。好きな音楽を聴きながら、一日の始まりに気持ちの良い汗をかくことで身体がスッキリします。

 

早朝ランニングの魅力
自分自身のペースで出来る。健康に良い。お金がかからない。1人でも出来る。と言うメリットだらけの早朝ランニング。悩み事が尽きない人などにはとてもお勧めで、走っていると考えがまとまってきたり、問題が解決するアイデアが浮かんできます。早朝は人も少ないので、都会の中でも一目を気にせずに出来ます。夜に忙しくて時間が作れない、運動したいけどジムに行くほどじゃない。と言う人は早朝ランニングから始めることで一日の始まりも気持ちよくスタートでき、お金もかからずに健康の第一歩になります。

図書館巡り

無料読書(図書館)って…
図書館を使って無料読書。必ず地域に一つはある図書館。無料で貸し出ししており、地域によっては本屋とは比較にならないほどの本が書庫にある場合もある。夏場は涼しく、冬は暖かい環境が整っています。今まで時間が無くて勉強できなかった分野、興味があったけど買うのはちょっと抵抗があったジャンルの本など、まずは一度無料で借りて、気に入ったら本屋で購入する形であれば、知識も身に付き、購入前に無料で読めてしまう図書館での無料読書。

 

無料読書(図書館)の魅力…
図書館と言う空間での読書は、カフェと違い、静かな場所で好きなだけ読書に没頭できるのが幸せの時間です。お金もかかりませんし、気に入らなければ本棚に返すだけで問題ない。昔から「一日楽しむなら本を読みなさい」と言われるほど、読書ほど有意義な時間の使い方はありません。買ってしまうと家の中が本で沢山になってしまいますが、無料で借りれる図書館であれば、期限内に読んで返すだけですし、万が一読んでみて興味が沸いてこなくても買ってないので返すだけで良いのも便利ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味はとても多様性がある。あなただけの趣味は

怪我から生まれた筋トレ趣味

数年前のことですが、足の骨を折ったことがありました。当然、まともな運動ができません。体を動かすことがないので、お腹周りが膨らんできてしまいました。
これはいかん、と思うのですが、どんな運動をすればいいのか見当もつきませんでした。
そんな時、押入れの奥に、学生時代に使っていた鉄アレイ5kgがあることを思い出しました。
筋トレでやせるとは思えないけれど、やらないよりまし。そう思い、さっそくトレーニングです。
久々なので、鉄アレイを握り締めて、30回も腕を上げ下げしていると、もう筋肉がパンパンです。なんとなく自分が情けなくなり、この程度でくじけるか、という闘志がわいてきました。
翌日は筋肉痛でうなっていたので一回休み。その次の日から鉄アレイで筋トレ再開です。
筋肉痛が次第におさまり、一ヶ月もすれば、30回なんて楽勝になっています。
その後、足のギプスをとったとき、お医者さんに「なんだか体格が良くなってませんか?」と言われました。
ほめられた気分がして調子に乗ったわけではないのですが、足が治った今も筋トレはかかせません。
何もトレーニングしないと、気になって夜も寝れないくらいです。

淡水のエビの飼育をする

熱帯魚を飼うのが趣味で、今も色々な魚種を飼育しています。
しかし水槽の中に生えてくるコケの始末は大変で、定期的な掃除が必要です。
あまり水槽をかきまわすと魚の健康にも良くないなあと思い、熱帯魚が趣味の方々の間では「生物兵器」として有名である、エビを投入することにしました。
とりあえずヤマトヌマエビというのが、頑丈で育てやすいそうです。雑食性ですが、コケを食べてくれるので最適だと思います。
エビという生き物は、水質の変化に敏感らしいです。ペットショップから飼ってきたエビを、何も考えずに水槽に入れると、あっという間に死滅してしまいます。そこで、水あわせという作業から始めるのです。
ペットショップでエビを飼うと、ビニール袋に入れて引き渡してくれます。この中に、水槽の水を少しずつ、時間をかけて入れていきます。エビの水と水槽の水を、文字通りあわせてあげるわけですね。だいたい3時間ほどかけて水を入れる作業を繰り返したら、最後にエビを水槽に入れます。
こうして数匹のエビが熱帯魚水槽に入ったわけですが、一応はコケ取りに働いてくれているようです。このまま気長に見守ってやろうと思います。

Excelの検定対策講座

昨日、私が通っている専門学校の放課後、私はExcelの検定対策講座を受けました。
Excelの検定対策講座と言いますと色んな種類があるかと思いますが、私が通っている専門学校ではMos(Microsoft Office Specialistの略)をやっておりますので、出来れば1回で受かれるように検定対策講座を頑張っているそうです。
MosのExcel検定の場合では、Excel検定の中でもかなり御高い金額(1万円)となっておりますので、1回で受からなければ損してしまいます。
そのためか、私が通っている専門学校で実施されているMosのExcel検定対策講座では、MosのExcelの模擬テストで決められた正答率になるまでは下校する事が許されないようになっております。(逆を言えば、決められた正答率になれば、下校する事が許されるそうです。)
昨日は、(MosのExcelの模擬テストでの)正答率60%以上で下校する事が許されるようになっておりましたが、これからはハードルがどんどん高くなっていくような感じがします。
私はMosのExcel検定で1回で受かれるように、MosのExcel検定対策講座を一生懸命受けて、MosのExcelの模擬テストを頑張っていこうかと思います。

半身浴=読書

私にとって半身浴と読書はセットです。
読みたい本がないと半身浴はできないし、湯船につかってないと読みたい本はなかなか進まないんです。
年がら年中私はお風呂に本を持ち込みます。
いちばん物語に入り込み、登場人物に感情移入し、作家の巧みな描写に心動かされるのはお風呂という空間だと私は確信を持って言えます。
私のこの趣味はお風呂の順番がある実家では許されず、かといって一人暮らしの狭い窮屈なユニットバスでできるはずもなく、結婚してようやくごくごく普通のお風呂に出会って許された贅沢ともいえる趣味なのです。
ついつい読みふけって夫に生きているか心配されますが本当に至福のひとときです。
何もかも忘れて没頭できる。
もともと読書は好きなのですが部屋で読んでいると仕事のことや生活のことなどいろんなことが頭に浮かんできてうまく集中できずにすぐに本を置いてしまうことが多かったのです。
トイレで読むという人もよく聞きますが私は断然お風呂です。
よく本が濡れちゃうよと言われるのですが過去2回ほど湯船へドボンさせたことがありました。
そんなことするわけないじゃん、気をつけてるしなんて思っていたのですがつるっとすべって真っ逆さま。泣く泣くドライヤーで乾かしました。だいたい中古の100円文庫本なんでいいのですが。
こんなことがあってもお風呂で本を読むのはやめられそうにもありません。

一人旅

高校1年のとき初めて一人旅をしてから、毎年必ず2回以上は一人旅をしています。
家族や友人と行くこともありますが、旅はやっぱり一人旅が気楽でいいです。
食べたいものを食べ、行きたいところに行き
疲れたらホテルに戻ってお昼寝したり、急にスケジュールを変更したり。

 

また同じように一人旅をしている人や現地の人などとすぐに仲良くなれるという良さもあります。
同じホテルに泊まっていた人や電車の中で隣に座った人などと
連絡先を交換したことは1度や2度ではありません。
その後もつたない英語でメールをやりとりしたり、日本で再会したり・・・
素敵な思い出がたくさんあります。

 

今年はヨーロッパのイギリス、ドイツを旅してきました。
主に鉄道で旅をしたのですが、初春のイギリス、ドイツの田舎の景色がとても美しく
1週間の旅行で、500枚以上写真を撮ってしまいました。

 

最近は海外に行くことが多かったので、次は日本一周したいと思っています。
まだ行ったことのない県がたくさんあるので、都道府県全て制覇したいと思います。

キイチゴを探して歩き回る

食べれる植物を採集するのが、この上なく大好きです。そして、野生の食べれる果実をとるのも大好きです。
春から夏にかけての間は、キイチゴが実をつける時期になります。
私は千葉県在住ですが、この時期は野山に黄色や赤いキイチゴが実をつけてくれて、簡単にたくさん採集できる、とてもありがたい季節です。
キイチゴにも種類がいろいろあるのですが、一番美味しいと思ったのが、モミジイチゴという種類です。
これは文字通り、葉がモミジの形をしています。花がぶらさがるように付き、黄色の実が実ります。味は甘酸っぱさが強く、たくさん頬張って食べたくなるほどです。
園芸品店にも、ラズベリーの名前でキイチゴの苗が売っています。こちらはさすがに園芸品種、実が大きくて食べ応えがあります。それでもモミジイチゴの甘酸っぱさには勝てないと思っています。
モミジイチゴの生えている土地は、私のメモ帳にたくさん書き込んでいまして、季節が来たら採集に向かいます。今年もたくさんとれまして、生で食べるほか、自作のケーキに乗っけたりと、色々楽しむことができました。

 

趣味は雑誌の付録集めです

最近の雑誌の付録はクオリティが高いです。
バック、腕時計、ポーチ、ニット帽、ヘッドホン、工具セット、等々、数え上げれば切りがないほどの豊富なバラエティも魅力の一つでしょう。
ですが欲しい思っていざ買ってみて、思っていたのと違うとガッカリする人も多いと思います。
そういう失敗を防ぐ方法があるのです。
それはその雑誌の公式サイトで付録のスペックをチェックするのです。
幅何センチ、高さ何センチ、マチ何センチ、どのくらい物が入るのか、すべてわかってしまいます。
また動画もアップされています。
動画だと直感的に付録のクオリティがわかるのでお勧めです。
しかし公式サイトは照明や写し方など、あの手この手でよく見せようと努力しています。
ですので私はたまに「動画と質感が違う…」と驚いたことがあります。
付録ファンの中には自分でブログを立ち上げて付録のレビューを詳細に書いている方がいます。
そういう第三者のレビューは率直で役に立ちます。
公式サイトと付録ファンのレビューを事前に読んで、しっかり吟味することで、私は良い付録をゲットできる確率がアップしました。
そうして手に入れた可愛いバックとお出かけするのは、とても楽しい一時です。

精油(アロマ)にはまっています。

私がはまっている趣味はアロマです。実際に一か月に一回だけですが、アロマの事に関する授業に行っています。生徒は3人だけなので先生も近い存在だし、いろいろ聞けてとても楽しいです。
アロマって香りで癒されるものと考えがちですが、実際は皮膚から精油(アロマ)が直接、血管をとおって体の中に取り込まれるのです。なので、実際に体にも影響があるんです。とてもすごいことです。

 

イギリスなどでは、精油は薬の扱いをうけるそうです。それだけ体に影響があるんです。
最近、気に入っている香りが柔らかい香りのラベンダーと爽やかな香りのオレンジです。これは安眠を助けてくれる香りです。
お気に入りのお店があり、ラベンダーとオレンジの香りのボディークリームがあり、それを体に塗ってから寝るようにしています。とても心地の良い組み合わせでとても癒されます。

 

子供がまだ小さいので精油をブレンドして虫よけなんかも作ったりしています。いろいろ広がるアロマはとても楽しいです。生活の中にたくさん取り入れていきたいと思っています。

最近の趣味いろいろ

ほのぼのライフを楽しめるゲームアプリ

最近私がハマっているスマホアプリを紹介します。
それは、どうぶつの森ポケットキャンプです。
DSなどでたくさんのシリーズが出ているどうぶつの森シリーズが数ヵ月前ついにスマホアプリとして登場しました。
プレイ方法はとてもシンプルで、釣りをしたり、虫取りをしたりしながら、どうぶつ達のお願いを叶えそのお礼に貰った材料を使ってキャンプで使う家具やプレーヤーの洋服などを作るゲームです。
このゲームのおすすめなところは、RPGのようにせかせかする必要も対戦ゲームのように体力の回復待ちもありません。
自分の個性を生かしてどこまで楽しめるかを極めるゲームです。
家具をクラフトしたり、ガーデンで花を育てたりするのに時間が掛かりますがまったりのんびりできるのがどうぶつの森の魅力です。
家具をクラフトし、ガーデンで花を育て、不定期開催のイベントを楽しんでいます。
苦労してお気に入りのどうぶつを呼べた時の達成感も味わえるのでとてもおすすめです。

 

近頃は資産運用に夢中です

投資、資産運用というとかなり敷居が高いように思っていました。でも去年の後半くらいからビットコイン、仮想通貨という言葉を聞くようになり、自分でも色々と調べてみました。仮想通貨は高騰する時は1日でもすごい値上がりして、暴落する時はその反対に、ストップ安がなく値下がりします。私は、取引所ビットフライヤーを経由して買い物をすると貰えるビットコインや、ムーンビットコインというアプリケーションで、一定時間ごとにクリックすると貰えるビットコインなどを貯めることにハマっています。それが、私が投資や資産運用に興味を持つ入り口でした。
ネットサーフィンをしていて見かけたのですが、ロボアドバイザーという運用方法はかなり画期的です。資産運用を自動的に行ってくれるサービスで、高度なアルゴリズムを用いて資産の配分や商品の選定、発注まで全て自動的です。私はロボアドバイザーの一つであるウェルスナビに毎月1万円を積み立てています。基本的にはほったらかしですが、時々スマートフォンの画面を確認することが今は楽しみになっています。どなたにでもオススメするわけではないですが、今は資産運用にすっかり夢中になっています。

更新履歴